初めての方へ

初めての方へ

初めて受診される方は、以下のものをご持参ください。

1 健康保険証

健康保険証初めて来院される方は、健康保険証を必ずご持参ください。

保険証がない場合は自費での診療となります。その場合、同月にご来院いただき保険証をご提示いただければ、保険適用とし自己負担分を除いた額を返金できます。保険証のご提示が翌月になってしまうと、返金ができませんのでご注意ください。

2お薬手帳

お薬手帳をご持参ください。手帳がない方は、いま服用のお薬やこれまでのお薬のメモや服用中の薬そのものや袋をご持参ください。薬の飲み合わせや体質などの参考とさせて頂きます。

3紹介状

他院からの紹介状をご持参の場合は、受付時にご提出ください。

4その他の医療証

受付時にご提出ください。

診療の流れ

Step01受付

受付来院されたら、受付に保険証と併せて、お薬手帳や紹介状・診断結果・その他医療症などご持参のものをご提出ください。問診票をお渡ししますので、内容に沿ってご記入頂きます。不明点がありましたら、お気軽にお声がけください。

Step02待合室

待合室問診票の記入が終わりましたら、受付にご提出ください。その後、お名前が呼ばれるまで待合室でお待ち頂きます。なお、急を要する患者さんがいらっしゃる場合などは、診療の順番が前後してしまうことがありますので、ご了承ください。
ご希望の方は番号で呼ばせていただきますので受付にお申し出ください。

Step03診察

診察医師による問診を丁寧に行います。問診票を元に、患者さんのお悩みを伺い、必要に応じて検査を実施しています。結果を分かりやすくご説明し、治療・処置・処方についても丁寧に説明しています。患者さんと相談しながら、今後の治療方針を決定していきます。不安なことや心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

Step04お会計

お会計診察後は、お会計の呼び出しがあるまで待合室でお待ちください。お会計が済みましたらご帰宅ください。どうぞお大事になさってください。

診療内容

内科

内科身体の不調があるけれど何科を受診すれば良いか分からないという方は、当院の内科を受診ください。当院では、身体の不調を幅広く診察できる「地域のかかりつけ医」として、気兼ねなく安心して相談できる環境と丁寧な診療を心がけております。検査の結果、専門的な診療科の受診が必要と判断した場合には、速やかに連携する大学病院や基幹病院をご紹介しています。

消化器内科

消化器内科主に、胃・食道・十二指腸・小腸・大腸などの消化管と、肝臓・胆のう膵臓などの臓器の疾患を診療しています。必要に応じて内視鏡検査を中心に、精度の高い検査での消化器疾患の早期発見と確定診断が可能です。お腹の症状で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

内視鏡内科

内視鏡内科当院では専門設備と最新機器をそろえ、丁寧で質の高い内視鏡検査を行っています。内視鏡専門医が丁寧に検査を行っており、富士フイルム社の内視鏡システムを用いた正確な検査が可能です。鎮静剤を使い患者さんの苦痛や不快感を大幅に軽減した検査を行っておりますので、内視鏡検査が苦手な方や初めてで不安な方でも安心してお受け頂けます。

肛門診療

肛門診療当院では、患者さんのプライバシーにきめ細かく配慮しています。おしりのお悩みに対し、不快感や恥ずかしさ、気後れ感、痛みなどを最小限に抑えた診療を心がけています。(女性医師による診療日も設けておりますので診療案内をご確認ください。)受付で、診療に関してお伺いすることはありませんので、安心してご来院ください。

健康診断

健康診断現在のご自身の身体の状態を把握することはもちろん、生活習慣病やそのほかの疾患を早期発見・早期治療・予防することを目的に健康診断を行っています。それぞれの検査項目を理解していただいて、健康維持にお役立てください。また、企業指定書式や特別な検査項目にも対応しています。健康診断についてご要望がありましたら、お気軽にご相談ください。

皮膚科

皮膚科皮膚疾患は軽度から重度まで幅広く、だれでもかかる疾患です。また、皮膚疾患と思っていても内臓の不調から現れていることもあります。「些細なトラブルでも診てもらえるのかな?」とか、「恥ずかしいから見せられない」といった場合でも、どうぞお気軽にご相談ください。専門医療機関での治療が必要と判断した場合は速やかに受診いただけるようにご紹介させていただきます。

美容皮膚科

美容皮膚科加齢にともなって増えるシミやしわをはじめ、たるみ・くすみ・赤ら顔・ニキビなどの肌トラブルを中心に最新の医療機器を用いて治療を行います。また最近ご希望される方が多いメンズ脱毛や全身脱毛にも対応しています。当院の美容医療は内科医でかつアンチエイジング専門医が監修していますので内からも外からもアンチエイジングを行おうというのがコンセプトです。最近少し元気がない、疲れを感じやすい、だるさを感じるなどといったときもご相談ください。点滴で直接身体に栄養を補い、いつもの元気を取り戻しましょう。

TOPへ