医師紹介

院長あいさつ

「胃がん、大腸がんで苦しむ人をゼロにする」

院長私は今まで消化器内科医として食道・胃・大腸がんの早期がんの内視鏡治療を中心に内視鏡診療・内科診療を行ってきました。早期がんであれば手術でお腹を開く事なく根治を目指す事ができ、実際に沢山の患者さんの笑顔をみる事ができました。一方で症状があって外来や救急外来に来られた時点で、すでに治すことのできない状態になっている方にも大勢出会いました。同じ病気でも定期的に検査を受けている方と受けていない方でこんなにも違ってしまうということに辛い思いをしました。働き盛りの方、小さなお子さんのいる方など、是非検査を受けて頂きたい方々から、どうしても時間が取れない、恥ずかしい、検査が辛いから受けたくないというような声を聞きました。休みの日に検査を受ける、女性の方では女性医師に検査を受ける、眠り薬を使って楽に検査を受けるなど、ほんの少し検査のハードルが下がることで、沢山の方に笑顔になって頂けるのではないか、ご本人やご家族の悲しむ顔を見なくて済むのではないか、こんな思いをずっと抱いていました。クリニックを立ち上げたのはそんな思いからです。検査を受けたくない、受けられないという方をゼロにし、「胃がん大腸がんで苦しむ人をゼロにする」これを目標にして日々診療を行いたいと思います。

来歴

  • 三重大学医学部卒業
  • 鈴鹿回生病院消化器内科
  • 三重大学医学部附属病院 光学医療診療部
  • 遠山病院
  • 武内病院
  • 岡波病院
  • 山中胃腸科病院

  • 現在、鈴鹿回生病院消化器内科にて非常勤医師として勤務中

資格

  • 日本内科学会
  • 内科認定医
  • 日本消化器病学会
  • 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 消化器内視鏡専門医
  • 日本ヘリコバクター学会
  • ピロリ菌感染症認定医
  • 緩和ケア研修会修了
  • 日本静脈経腸栄養学会TNTコース修了

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本ヘリコバクター学会

副院長あいさつ

「男性医師だとちょっと恥ずかしい」そんな時はぜひ私にご相談ください

副院長皆さま、こんにちは。突然ですが、女性のがん死因の順位をご存じでしょうか。第1位は「大腸がん」、第4位は「胃がん」です。しかし、これは非常に悔やまれる結果です。なぜなら、大腸がんは大腸ポリープの段階で切除することで予防できる可能性が高く、胃がんはピロリ菌の除菌、内視鏡検査を定期的に受け早期発見・治療をすることで根治できる可能性が高いからです。しかし、実際には検査に対する恐怖心や羞恥心などネガティブなイメージから、特に女性は男性に比べ健診で要精査の結果が返ってきても、受診できていない方が多いのが現状です。胃がん、大腸がんは、よほど進行しない限り症状が出ない病気で、健診の便検査等に引っかからなくても、ポリープや早期がんが潜んでいる可能性もあります。健診で要精査の結果がきた、便秘などおなかの症状で気になることがある、男性医師だとちょっと恥ずかしい・・・そんな時はぜひ私にご相談ください。全力でサポートさせていただきます。

また当院の美容皮膚科は、私自身、美容医療が大好きであり、実際に自分が受けて効果を感じ、ぜひ皆さまにも受けていただきたいと思った治療のみを導入します。少しでもご興味がある方はご相談ください。喜んで担当させていただきます。

来歴

  • 兵庫医科大学 医学部卒業
  • 現在、鈴鹿回生病院消化器内科にて非常勤医師として勤務中

資格

  • 日本内科学会
  • 内科認定医
  • 日本消化器病学会
  • 消化器病専門医
  • 日本ヘリコバクター学会
  • ピロリ菌感染症認定医
  • 日本抗加齢医学会
  • 抗加齢医学会専門医
  • 緩和ケア研修会修了
  • 日本静脈経腸栄養学会TNTコース修了

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本ヘリコバクター学会
  • 日本抗加齢医学会
TOPへ