症状から病気を探す

よくある症状

腹痛(胃がチクチクする・胃が苦しい・さすような痛み)

腹痛の痛みの状態や部位、持続時間によって疾患が異なります。考えられる疾患は以下の通りです。

胃潰瘍、急性胃炎、十二指腸潰瘍、アニサキス症、胆のう炎、胆管炎、膵炎、胆石・総胆管結石、虫垂炎(盲腸)、大腸憩室炎。
そのほか膀胱結石・尿路結石などの泌尿器科疾患、子宮外妊娠・卵管捻転などの婦人科疾患の可能性もあります。

検査は、問診・触診のほか、採血・レントゲン検査・腹部エコー検査・胃カメラ検査・大腸カメラ検査などを実施し、判断していきます。

便通異常(下痢・便秘・下痢と便秘を繰り返す・便が細い・残便感)

慢性的な下痢の場合、クローン病・潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患やストレスや生活習慣も原因となるとされている過敏性腸症候群の可能性が考えられます。
急激な下痢や腹痛の場合、感染性腸炎・サルモネラ菌・カンピロバクターなどの食中毒による腸炎の可能性が考えられます。
便秘・便秘と下痢を繰り返す・便が細い場合は、大腸がんなどの悪性疾患の可能性も考えられます。
慢性的な便通異常は、大腸カメラによる精密検査を受けることをおすすめします。

血便・黒色便(便に血が混ざる・黒い便が出る)

血便や下血の場合、症状に痛みが伴うのか、いつからあるのか、出血量や色などによって疾患が異なります。
痛みを伴わない場合は、大腸ポリープ・大腸がん・痔・憩室出血・裂肛などの可能性があります。
痛みを伴う場合は、クローン病・潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患・感染性腸炎・虚血性腸炎の可能性があります。
※まずは、直腸診といってゼリーを指に塗って、肛門の診察を行います。採血検査で貧血の有無、炎症の程度を確認し、必要があれば大腸カメラ検査を行います。

黒色便の場合は、大腸の疾患よりも胃や十二指腸からの出血の可能性が考えられます。胃潰瘍・胃がん・十二指腸潰瘍の可能性があり、速やかに胃カメラ検査を受けることをおすすめします。
※鉄剤を飲んでいる場合は、黒色便が出るので注意が必要です。

健康診断や検診での異常・再検査(便潜血・ピロリ菌・肝機能異常・胃レントゲン検査)

ご自身の身体の状態を把握すること、また疾患の早期発見のために有効なのが健康診断や検診です。数値の異常や再検査を指摘された場合は、何らかの病気のリスクが指摘を受けていない人と比較し高いということになります。自覚症状がない場合でも胃カメラや大腸カメラ、腹部エコー検査などの精密検査を受けることをおすすめしています。精密検査の結果、なにかを発見できれば早期治療を行えますし、なにも異常が見られなければ安心できます。

食欲不振・体重減少(疲れやすい・倦怠感・貧血症状・フラフラする)

食欲不振の原因は、ストレスや疲労・睡眠不足・妊娠といった生理的要因の場合と、何らかの疾患が原因の場合があります。消化器疾患によるものとしては、胃がん・大腸がん・膵がんなどの悪性腫瘍・慢性胃炎(ピロリ菌感染)・慢性便秘・胃潰瘍・十二指腸潰瘍が挙げられます。そのほかでは、甲状腺疾患・血液中の電解質異常・薬の副作用などが挙げられます。

上腹部症状(胸焼け・ゲップがよく出る・みぞおちが痛み・気持ち悪い)

胸焼け・胸が痛い・酸っぱい物が込み上げる感じの場合は、逆流性食道炎・機能性ディスペプシア・食道裂孔ヘルニアの可能性があります。
検査は、胃カメラ検査で胃の粘膜や食道の粘膜の状態を確認して診断していきます。

のど・食道のつかえ感

食べ物を飲みにくい・嚥下困難・喉の違和感・むせる場合は、逆流性食道炎・食道がん・咽頭がん・喉頭がんの悪性腫瘍・食道アカラシア・好酸球性食道炎の可能性があります。
※いずれの場合も速やかに胃カメラ検査を受けることが大切です。また、中高年の場合は、心疾患である狭心症の症状として現れる場合があるので注意が必要です。

黄疸(尿が濃い・顔色が黄色っぽい・目が黄色い)

黄疸は皮膚が黄色くなることを言います。周りの人から普段より顔色が黄色いと指摘されたり、尿の色が普段より濃いことから気づくこともあります。黄疸に気づいた場合は、入内な疾患が隠れていることも多いので速やかに受診してください。
主な原因としては、肝臓の病気としては、肝炎(B型肝炎、C型肝炎などのウィルス性肝炎、アルコール性感染など)、肝硬変、肝がんがあります。胆のう、胆管の病気としては、総胆管結石、胆管炎、胆管がん、胆のうがんなどです。また膵がんが原因となっていることもあります。体質性黄疸といいあまり心配のないものもあります。

TOPへ