便潜血検査

便潜血検査

便潜血検査便潜血検査は、自覚症状がでにくい早期の大腸がんを見つける目的で、がん検診や人間ドックなどで実施されています。この検査では、便中の肉眼では確認できないほどのわずかな血液でも検出が可能です。また検査の精度を高めるために通常2回検査を行います。陽性結果が1回しか出なかったという場合でも陽性ですので精密検査を受ける必要があります。

診療をしていると便潜血陽性で受診された方が、「もう一度、便潜血検査をして陰性なら様子をみてください」とおっしゃることがありますが、これは間違いです。便潜血検査が陽性だった場合は、必ず大腸カメラを受けるようにしましょう。

便潜血検査を受けるにあたり知っておきたいこと

便潜血検査の精度

便潜血検査は簡便なよいスクリーニング検査です。しかし、その精度が高いわけではありません。1日だけの検査(1回法)では進行大腸がんの50-60%ほど、2回法(異なる日で二度検査を行う)では80-90%ほどの検出率といわれています。早期大腸がんでは、2回法を行っても50%ほどしか検出できないとされています。その理由ですが、大腸がんは硬い便が通過する際に表面が擦れ出血するので、便がまだ硬くなっていない部位であったり、サイズや形によっては出血を起こさないということもあるからです。

陰性とは

便潜血検査2回法で2回中1回だけでも陽性であれば、精密検査として大腸カメラを受けることはもちろんですが、陰性であっても、絶対に大腸がんや前がん病変である大腸ポリープがないわけではないという検査の特性(偽陰性がある)を知っておくことが大切です。

陽性とは

偽陽性の問題です。消化管のどこかで出血していることを意味する検査なので、大腸がん以外の疾患でも陽性となることがあります。例えば、痔出血、胃十二指腸からの出血などです。実際に便潜血陽性の結果で大腸カメラを受けた方のうち2%程度の方に大腸がんがみつかるとされています。

40歳を過ぎたら一度は大腸カメラを受けましょう

胃カメラ検査一般的に大腸がんのリスクは40歳を過ぎた頃から上昇しはじめます。大腸がんのほとんどが自覚症状のないまま進行していくため、特に症状がない方でも40歳を超えたら一度大腸カメラを受けられることをおすすめしています。大腸カメラでは、大腸がんの早期発見だけでなく、その前がん病変である大腸ポリープを見つけることができます。そして当院では、大腸がんの予防のため検査中に大腸ポリープを切除することができます。

*注意

  • 大腸カメラ検査の同日に大腸ポリープが見つかった場合に切除を希望される方は事前に血液検査を受けていただく必要があります。
  • 抗血栓剤(血液をサラサラにする薬)を内服されている方は一定期間の休薬が必要ですので事前にご相談いただく必要があります。
  • 個数が多い場合やサイズや形態により同日に全ては切除できない場合があります。

女性の方へ

女性のがん死因の順位をご存じでしょうか。実は、大腸がんが第一位なのです。大腸がんは、早期発見・治療で生命予後がかなり変わりますし、大腸ポリープの段階で切除することで予防することもできますので、がん死因の一位になってしまうというのは、本当に悔やまれる結果だと思います。
でもやはり、大腸カメラ検査と聞くと、少しハードルが高い検査と思ってしまいますよね。

  • 下剤を飲んで病院に行く、途中トイレに間に合わないのでは・・・
  • カメラって痛いの?
  • 恥ずかしい・・・
  • 時間がなく病院に行けない
  • もともと痔があるから・・・    など

便潜血検査陽性の通知が返ってきても受診出来ずにいる理由はさまざまだと思います。陽性の結果が返ってきても30%以上の方が受診出来ていないと言われています。

当院は、陽性にも関わらず未受診でいる方をなくし、大腸がんが原因で亡くなる方をゼロ
したいと強く願い、女性のみな様に大腸カメラを受けてもらいやすい環境づくりを積極的に行っております。

TOPへ