クローン病

クローン病とは

腹痛クローン病とは小腸、大腸を中心に口腔内から肛門まで、全消化管のどこにでも炎症や潰瘍を起こす可能性のある病気です。クローン病は潰瘍性大腸炎などのように原因が明らかになっていない病気で、炎症性腸疾患(IBD)と総称されています。食事や腸内細菌に対する免疫の異常な反応(自己免疫反応の異常)の関与などが考えられているものの、未だ不明です。
発症はやや男性に多く男女比は約2:1と言われています。若い方に多く、男性では20代前半に、女性ではともに10代後半に最も多いです。

クローン病の症状

  • 腹痛
  • 下痢
  • 下血
  • 発熱
  • 体重減少
  • 貧血

症状は異常が起こる部位により様々ですが、腹痛、下痢が多く見られます。炎症が強いと、消化管穿孔といって胃腸に穴が開いたり、瘻孔形成といって腸管同士がつながってしまうこと、炎症している消化管が狭くなる狭窄を起こす場合があり手術が必要にになることがあります。消化管以外にも眼や皮膚の症状を起こすこともあります。

クローン病の検査・診断

 

クローン病の検査・診断診断には胃カメラ、大腸カメラで消化管の粘膜の状態、炎症の程度を確認し、粘膜の一部を採取する生検なども行います。小腸造影検査なども行う場合があります。

クローン病の治療

治療法は消化管を休めて食事からの刺激を少なくする栄養療法、炎症を抑える薬や免疫反応を抑える薬を使用する薬物療法、炎症が強く消化管が狭くなったり穴が開いてしまった場合の手術治療などがあります。栄養療法は、基本的には動物性脂肪などの脂質を抑え、胃腸への負担が少ないものを摂取することになりますが、病気のある部位などにより個別に考える必要があります。
治療の目的は炎症を抑え(寛解導入)、それを維持して再燃を予防する(寛解維持)ことであり、現在では完治は難しく症状を抑える治療の継続が必要です。内科治療でも症状が抑えられない場合などは、外科手術病変部の切除を行う場合があります。しかし、頻回の手術による切除で消化器官が短くなることを避ける必要があるので、なるべく消化器官を温存するように薬物治療を継続することが重要です。この病気は自覚症状が落ち着いていても進行することがあるので、定期的な血液検査や内視鏡検査などでの病状の経過観察が重要です。
貧血があり下痢や腹痛が続いている方は、このようなクローン病を含む炎症性腸疾患の場合がありますので、一度は胃カメラ、大腸カメラを受けることをお勧めします。

当院の消化器内科外来

当院では、クローン病だけでなく、おなかの症状でお悩みの方に消化器専門外来を行っております。ご希望される方は予約ページよりご予約いただくか、直接当院までお越しください。どんな些細な事でも、いつでもご遠慮なくご相談いただければと思います。

TOPへ