四日市市の胃がん検診

四日市で胃がん検診(胃カメラ検査)をお考えの方へ

  • 仕事が忙しくて検診のスケジュール調整ができない
  • 特に気になる症状がないから、自分には必要ない
  • 検査に伴う苦痛に不安がある
  • うっかり受診を忘れていた

上記のような理由で胃がん検診のタイミングを逃している方はいませんか?
四日市市における2015年〜2019年の死因の内訳として最も多いのは悪性腫瘍で、その中でも胃癌は男性で1位、女性で2位の死因となっています。胃癌は初期症状がほとんどなく早期発見が難しいとされていますが、近年では治療技術が進み、定期的に検査を行い早期発見、治療を行えばほとんどの場合は完治するようになりました。がんの早期発見を促進するためには、質の高いがん検診をより多くの方に受けて頂くことが重要です。

当院では、がん検診として胃カメラ検査を実施しています。胃カメラ検査とは先端にカメラのついたスコープを口や鼻から挿入し、胃、食道、十二指腸といった上部消化管を直接観察する検査です。直接患部を観察することができるので非常に有効性の高い検査です。

四日市市の胃カメラ検査の対象者

胃カメラ検査は50歳以上で受診年度の4月1日時点の年齢が偶数である人が対象となります。

40歳~74歳(昭和23年4月2日生まれ~昭和58年4月1日生まれ)の人

検診の種類 受診料金(自己負担額)
右記以外の人 四日市市 国民健康保険加入者
胃がん検診 4,400円 900円

75歳以上(昭和23年4月1日以前生まれ)の人

検診の種類  受診料金 
胃がん検診 900円

検診の費用

四日市国民健康保険加入者は900円、未加入者は4,400円となります。
生検(細胞をとる検査)を行った場合は、健康保険による負担が発生しますのでご注意ください。

当院の胃カメラで診断できる病気

食道の病気

  • 食道がん
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 逆流性食道炎

胃・十二指腸の病気

  • 胃炎
  • 胃ポリープ
  • 胃がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸ポリープ
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸がん
  • ピロリ菌感染
  • 胃アニサキス症の確認と治療

当院における胃がん検診制度での胃カメラ検査における注意点

四日市胃カメラ検診に関しての注意事項を下記に挙げさせていただきます。
この注意事項は当院における胃カメラ検診の注意事項になります。他の検診機関では異なる運用を行っている場合もありますのでご注意下さい。

経鼻内視鏡検査について

当院では検診の胃カメラ検査においても経鼻内視鏡検査を選択することが可能です。経鼻内視鏡検査は、通常の経口内視鏡検査と違い鼻からスコープを入れるため挿入時の「おぇっとする感覚(咽頭反射)」が軽減されます。以前経口内視鏡検査で苦しい思いをした方も安心して検査を受けて頂くことができます。

病理検査について

胃カメラ検査中に、詳しい検査が必要な病変が見つかった場合は、病理検査が必要です。検査中に組織を採取します。その際の病理診断費用については、保険診療での患者様負担となりますので、予めご了承ください。
※保険診療になる場合がありますので、受診の際には必ず保険証を持参下さい。

ピロリ菌検査

検診で胃カメラ検査を行う際にピロリ菌の検査が必要であると判断した場合は、保険診療の範囲で採血にてピロリ菌の有無を検査致します。

ご予約の取得について

受診券がお手元に届きましたら、患者様ご自身で直接胃カメラ検査のご予約を取っていただきます。
予約の取得方法は以下の2つの方法があります。

当院のWEB予約

当院の内視鏡検査の予約ページよりご予約下さい。

電話予約

お電話にて、健診での胃カメラ検査のご希望とお伝えください。

上記2つの方法のいずれかでご予約をお取りください。
※ご予約の際は必ず健診チケットをご確認ください。
「胃部X線検査もしくは胃内視鏡検査」と記載がない場合は対応することが出来ません。

検査結果について

当院では検査当日に結果を説明致します。
検査中に医師が更に詳しい検査が必要であると判断し、病理検査を行う場合は後日説明を致しますので予めご了承下さい。

医療機関選びに悩まれている方へ

  • 検診を受けたいけど、どこで受けるべきか分からない
  • 質の高い検査を受けたい
  • 胃カメラ検査が不安、、

上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
胃カメラ検査は人生のうちで何度も受ける検査ではありません。そのため内視鏡検査を受けるとなると、ネットで詳細を調べたり、口コミをみてより患者様目線の精度の高い検査を行う事ができる医療機関を探すのではないでしょうか。
当院では「経鼻内視鏡検査の実施」「専門医による検査」「最新の内視鏡機器の導入」など患者様により安心して検査を受けて頂けるように様々な工夫を凝らしております。
当院の胃カメラ検査の特徴はこちらをご覧ください。
※検診での胃カメラ検査の場合は鎮静剤は使用不可となります

最後に

四日市の胃カメラ検診の受診率は約10%です。初期症状のない胃がんの早期発見には、検診の機会を生かし定期的に検査を受けることが重要です。
胃カメラ検診対象の方は是非お受け下さい。
またご家族、ご友人の方で検診を受けていない方がいましたら是非検診をお勧め下さい。

TOPへ